ピル・緊急避妊
ピルは服用していればほぼ100%確実に、また女性の意志だけで避妊ができるのがメリットです。
また、月経困難症(PMS)や子宮内膜症を軽減する効果もあるといわれています。

さらに、避妊の失敗などで望まない妊娠の心配があるときに有効なのが、「緊急避妊ピル(アフターピル)」です。セックス後、72時間以内に一定量のピルを服用することで、妊娠を防ぐことができます。

ピル

経口避妊薬ピルは、ほぼ確実な避妊ができるので、望まない妊娠を避けることができます。
また可逆性があるので、服用をやめれば、妊娠が可能になります。

またピルを服用することで、月経周期が一定になり、月経痛が緩和します。
月経が始まる日が確実に予測できるので、旅行や買い物、仕事や試験などのスケジュールが立てやすくなり、クオリティオブライフ(QOL)を高めることができます。

緊急避妊

妊娠を避ける最終手段として、緊急避妊法があります。
これにはホルモン剤を服用する方法と、子宮内避妊具(IUD)を使う方法があります。

ホルモン剤を使う場合は、セックス後72時間以内に緊急避妊薬を服用します。
これで排卵を止めたり、排卵を遅らせたりすることで妊娠を回避します。