PCOSについて(多嚢胞性卵巣症候群)
PCOSについて
PCOSは、排卵時期が近づいても主席卵胞が発育せず、卵巣内に小さな卵胞がたくさんある状態(ネックレスサイン)です。
排卵が起こりにくくなり、不妊や無月経、稀発月経などになる可能性があります。


肥満や隠れ肥満傾向に多く発症し、その結果POF(早期卵巣機能不全)になり早期閉経を招くケースもあります。肥満の解消と隠れ肥満を見逃さないことが大切です。

症状

排卵が起こりにくいことによる月経不順や無月経
血液中の男性ホルモンの増加による、多毛、にきび、低音声などの男性化徴候
肥満により増加した男性ホルモンやエストロゲンが視床下部や下垂体に過剰に働きかけてしまうことでのホルモン分泌異常、また血中のインシュリン濃度が高いことによる排卵機能の低下
黄体ホルモン分泌不全による月経過多や出血が止まらないなどの症状
排卵障害による不妊(周期毎に「排卵するかどうか」がPCOSを治療するポイント)

原因

PCOSの原因は解明されていませんが、現在のところ何らかの内分泌異常、あるいは糖代謝の異常などが考えられています。

内分泌異常

LH(黄体形成ホルモン)の分泌が増えてFSH(卵胞刺激ホルモン)とのバランスが乱れ、卵胞がうまく発育できない状態です。排卵が起こらないとLHの分泌が増えるため、さらに乱れるという悪循環に陥ります。

糖代謝異常

多嚢胞性卵巣により、すい臓でエネルギーを得るメカニズムに影響する細胞ができ、インシュリンの量が増加するために、さらに男性ホルモンが増加すると言われています。これにより月経不順や毛深くなることがあります。

検査と診断

血液中のホルモン検査や糖負荷試験、卵巣の超音波検査で診断します。

ホルモン検査:LHがFSHより多い(正常時はFSHのほうが多い)。テストステロン(男性ホルモン)値もしばしば増加。
糖負荷試験:HOMA指数(インシュリン抵抗性の検査)。
超音波検査:卵巣に普通より多数ネックレス状の小さい卵胞が見られる。

治療法

PCOSの治療は、まず排卵誘発剤を使用して排卵のチャンスを増やします。内服薬(クロミフェンなど)で効果が見られない場合は、ステロイド(プレドニンなど)を併せて使用するほか、漢方薬を併用することもあります。
それでも効果が見られない場合は、注射により排卵を誘発します。ただし、注射に過剰に反応すると、卵巣過剰刺激症候群(OHSS:ovarian hyper stimulation syndrome)を引き起こす恐れがあり、重症の場合は体外受精をお勧めしています。

また、腹腔鏡を使って卵巣に穴をあける手術をすることがあります。これにより薬の効果が見られたり、自然な排卵が起こったりすることがあります。
効果は半年~1年続きますが、徐々に元の状態に戻っていきます。

近頃では、OHSSになりやすい人や、大きな卵胞が作られにくい方にIVM(未熟卵体外受精:in vitro maturation)という方法をお勧めすることがあります。少ない注射で済み、OHSSの心配もほぼありませんが、妊娠率は一般体外受精よりやや下がります。

さらに、糖尿病の薬であるメトフォルミン(グリコラン、メルビンなど)が排卵障害を改善することが最近の研究でわかってきています。過剰なインシュリンが作用している場合のPCOSに有効で、毎日内服した場合に2~3ヶ月で効果が出たという例もあります。