不妊症領域でAMH検査が注目されている訳

AMH検査では、女性の年齢に対応した平均の数値が目安になります。たとえば35歳のA子さんのAMH値が低い場合、A子さんの卵巣年齢は35歳の平均卵巣年齢よりエイジングが進んでいる、つまり不妊の原因(排卵障害)となる可能性もあると判断できるわけです。このため、不妊症検査の中にAMH検査を含める医療機関が増えています。

 月経周期のいつでも受けられます

FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)などのように、月経周期による値の変動がないため、月経周期のいつでも検査を受けることができます。

AMH検査 院長アドバイス