AMH検査(問診・結果・アドバイス)
AMH検査(問診・結果・アドバイス)

AMH検査でわかる卵巣年齢

AMH検査では、卵巣年齢の目安を知ることができます。
将来的に出産を望むのであれば、現在の予備能(卵巣に残っている卵子の数)を知った上で人生設計を考えることが望まれます。

AMHとは

AMHとは、抗ミュラー管ホルモンとも呼ばれる女性ホルモンの一種です。
原始卵胞が少なくなるにつれAMHの値も低下するため、卵巣年齢を知る指標となります。
AMHの数値はあくまで卵子の在庫の目安であり、質がいいか、順調に育つかは実年齢に相関します。
AMH検査は、月経周期のいつでも血液検査で測定できます。
※AMH値は卵巣年齢の目安です。妊娠を保証するものではありません。

AMH検査の長所

FSH(卵胞刺激ホルモン)やLH(黄体形成ホルモン)などのように、月経周期による値の変動がない
FSHやLHに比べると、より正確な卵巣年齢を計れる

AMH検査はあくまで現在の予備能を調べるものです。AMH値が低くても、実際には妊娠できることもあります(卵子の質が下がっていない方もいます)。

低くても高くても要注意

卵子の数は年齢以上に個人差が大きく、いざ妊娠したいと思った時に卵子がないということも起こり得ます。
逆にAMHが平均値より高い場合はPCOS(多嚢胞性卵巣症候群)が疑われます。